VIO脱毛をするなら医療機関!?その理由を説明

VIO脱毛はすそわきが対策に最適

夏場に備えてVIO脱毛をして、すそわきがを予防しましょう。陰部にはアポクリン汗腺が存在しており、通常の汗よりも強いニオイを発生させます。毎日入浴しても臭うという人は、ムダ毛の処理を検討してください。陰部は蒸れが発生しやすいので、雑菌やニオイが強くなりやすいです。VIO脱毛をすることで通気性がよくなりますし、汗をかいても素早く乾きます。汗が発生してもすぐにニオイが生じるわけではなく、時間を経てから少しずつ臭ってくるわけです。つまり汗をかいても素早く乾燥させれば、すそわきがのニオイを最小限に抑えられます。VIO専用のデオドラントはほとんど存在しないため、ニオイ対策をするには洗浄とVIO脱毛が基本になります。

医療脱毛が優れている理由とは

VIOのムダ毛はシェービングや毛抜きで処理するのは得策ではありません。VIOはダメージを受けやすい性質がありますので、セルフケアを繰り返していると肌が荒れる可能性があります。ヒリヒリしたり赤くなったりしてきたら、ダメージを受けている証拠と考えてください。VIO脱毛は医療クリニックで受けるのが得策で、医療脱毛でツルツルにできるのが特徴です。施術者は医師または看護師ですから、安全・確実に処理することができます。肌トラブルが発生しないように脱毛機の出力を微調整してくれますし、もし肌荒れが発生してもその場で対処できるのが魅力です。エステサロンの場合はサロン内で治療することはできず、肌荒れが発生したときは提携クリニックの紹介を受ける流れとなります。脱毛効果や安全性を考慮しても、医療脱毛が最も確実です。

VIOライン脱毛とは、デリケートゾーンを脱毛することをいい、行うと大胆な下着や水着を着ることができるようになるほか、排泄物がつきにくくなったり、雑菌が減ることでニオイを軽減するなどのメリットが得られます。