みかんの皮で手作り育毛剤を作ろう!手作り育毛剤の作り方やメリットデメリット

手作り育毛剤の作り方

実は、みかんの皮には育毛に効果的な成分が色々と含まれています。みかんの皮に含まれる精油成分には、脱毛作用のある成分を抑えたり、血行を促進させたりといった効果が期待できるのです。材料はみかんの皮と度数35度程度のホワイトリカー150m、密閉容器です。作り方は、まずみかんの皮を水で良く洗い、皮をむいてザルなどにあけましょう。2~3日を目安にし、カラカラになるまで陰干しします。分量は、ホワイトリカー150ccに対し、みかんの皮が50gが目安です。密閉容器にみかんの皮とホワイトリカーを適量入れ、しっかり蓋をしたら一週間程度冷蔵庫で寝かせます。その後はみかんの皮だけ取り出し、再度冷蔵庫で2週間ほど寝かせれば完成となります。

手作り育毛剤のメリットデメリット

材料がみかんの皮とホワイトリカーだけなのでとてもリーズナブルです。みかんも実ではなく、本来捨てるはずの皮を利用して作れるのも嬉しい所です。育毛剤は使い続けることで効果を発揮します。最低でも3ヶ月~半年ぐらいは使い続けないと効果がありませんし、毛が生えてきても使い続けないとまた抜け毛や薄毛に悩まされることもあるでしょう。手作り育毛剤はコストが安いので、半永久的に使用することができます。育毛剤を続ける余裕がない、薄毛にならないように予防したい時なんかに便利です。

手作り育毛剤のデメリットは、衛生上の問題があるということです。保管するのに必要な防腐剤が入っていないので、できるだけ早めに使い切る必要があります。また、材料が頭皮に合わなければかゆみや肌荒れなどの肌トラブルを引き起こすこともあります。育毛剤は肌に合わなければ使うことができないので、問題があるようでしたら使用をやめましょう。

育毛は毛を育てることです。今ある髪を失わせないために髪を太く丈夫にしたり、ハリをだしたり、抜けにくくします。