シワやたるみといった症状に対し熱を使って治療する方法

サーマクールの治療原理と効果的な症状

シワやたるみに効果がある治療法の一つに、高周波の電波を活用した「サーマクール」があります。アメリカ合衆国の企業が2002年にたるみ治療機として開発したもので、皮膚の中にある真皮の部分を軽く照射することが特徴です。真皮の部分には脂肪やコラーゲンの組織などが存在しますが、この部分に軽いやけどを与えることで、人間が持つ自然治癒力を引き出すことを目的としています。加齢による肌の悩みのうち、シワやたるみ、ほうれい線に効果が高い治療法として、多くの医療機関が採用、実際に治療を受けることができます。

サーマクール治療に関する知識

サーマクールはフェイスリフト治療に該当しますが、治療時間は30分から1時間程度となっており、日帰りが可能となっていることが特徴です。熱照射を伴うため強い痛みを伴うこと、皮膚が赤くなってしまうといった症状は出ますが、患部にメスを入れないことから、いわゆるダウンタイムが生じない治療となっています。治療終了後、3ヶ月から6ヶ月にわたり、シワやたるみの改善効果が現れます。一般的なフェイスリフト治療には、概ね100万円前後の費用がかかりますが、この治療法は一回につき、約20万円前後となっています。

ほとんどの肌トラブルに対して即効性があり、小顔効果やニキビ跡の改善なども期待される治療法にも、いくつかの問題点があります。まぶたのくぼみや目の下のくまやシワには、改善効果が期待されないことに加え、効果を維持するために、最低でも半年に一回の治療が不可欠となることです。そのため、この治療法を選択する場合は、数年単位での治療期間と、相当な維持コストがかかることを覚えておく必要があります。

サーマクールとは皮膚を切らなくても、たるみの改善をすることが出来る治療方法をいいます。またリフトアップや引き締め効果があることでも知られています。