バストの悩みに合わせてベストな手術の方法を選びましょう!

傷跡を残したくない人はヒアルロン酸注入法がおすすめ

ヒアルロン酸注入法による豊胸は、バストアップの効果はやや弱いものの、メスで患部を切開しないこともあり、傷跡を残したくない人から選ばれています。また、クリニックによって医師と相談をしてバストに注入するヒアルロン酸の量や濃度などを自由に調節でき、予算や肌の状態などを考慮しながらバストアップに臨むことができます。ヒアルロン酸注入法を主に取り入れているクリニックの中には、豊胸の症例を公式サイトなどに詳しく掲載しているところもあるため、通院先を決める際の参考にしてみると良いでしょう。一般的に、ヒアルロン酸注入法の効果の持続期間は数か月から一年程度となっており、張りのあるバストをキープするには定期的な通院をすることが重要です。

数段階の大幅なバストアップなら切開手術がおすすめ

数段階の大幅なバストアップをしたい場合には、乳房にシリコンバッグを挿入する方法が採用されているクリニックを探すことがおすすめです。特に、バストの自然な形や柔らかさなどを重視するにあたっては、豊胸手術の実績があるクリニックの資料に目を通して、数種類のシリコンバッグを選択できるかどうか確認をしてみましょう。切開手術による豊胸は、少なからず皮膚にダメージが加わるため、術後に消毒やスキンケアなどの対応がきちんと行われている通院先を選ぶことが大切です。なお、切開手術の必要性について分からないことがあれば、早い時期にカウンセリングを受けて医師に術後の経過について詳しく教えてもらうと良いでしょう。

豊胸手術は、従来のシリコンバッグを乳房に挿入する方法だけでなく、バストアップの成分が含まれている薬剤を注入する方法もあり、それぞれ効果の現れ方や費用、後遺症のリスクなどが異なります。