高額な費用やメンテナンスが必要?根管治療のメリットデメリット

根管治療のメリットとは

根管治療は、歯の根っこの部分の治療をする歯科診療の一種です。歯の根の中にある細菌を取り除き薬剤でしっかりと殺菌することで、歯を修復するという治療方法です。根管治療のメリットは、抜かずに歯を残すことが出来るということです。痛みや炎症を起こす前の状態に戻り、自分の歯で食べ物を噛むことの喜びを取り戻すことが出来ます。場合によっては、神経を残すことも可能です。神経を取り除いてしまうと痛みを感じなくなるので、虫歯や歯周病などの疾患に気づきにくくなりますが、神経が残っていればその心配もありません。抜歯をしたくないという人に最適な治療方法です。

根管治療のデメリットとは

根管治療のデメリットとしては、虫歯の進み具合や状態によっては治療費が保険適用外となることもある、根管治療の診療科目を設けている歯科クリニックが少ない、治療後は定期的なメンテナンスが必要になるなどがあります。費用については、治療を受ける前にきちんと確認しておきましょう。根管治療の診療を行っているクリニックが少ない理由は、一般的な虫歯治療とは異なりそれなりの設備や治療技術が必要になるからです。より良い治療を受けるためには、それぞれを徹底的に比較して豊富な治療実績を持つ信頼出来るクリニックを見つけることが重要になります。根管治療後の歯はもろくなりがちなので、定期的なメンテナンスも必要不可欠です。このようなデメリットがあるということもきちんと理解し、それなりの覚悟を持って治療を受けましょう。

虫歯が歯の表面だけではなく歯の神経にまで達した場合、神経を取り除く根管治療という治療法を行います。神経を取り除いたら消毒を繰り返し、最後に薬を詰め金属をかぶせます。